電験3種

今年こそ電験3種に受かりたいと思っているあなたへ。電験3種にもっとも早く合格する方法がある!しかし、ほとんどの受験生はその合格ノウハウを知らない。高校普通科、学年最下位から第3種電気主任技術者に合格した試験勉強を90%短縮・解答のためのスーパーテクニックとは?

電験3種に合格する人、合格しない人、その違いは・・


それはズバリ!計算問題のマスターです。


大事なことなので、もう一度いいます。

あなたが電験3種に最短で合格するためには、
真っ先に計算問題をマスターしなければなりません。

「計算を制する者は電験を制する」と、昔から言われています。

それではどうやったら、圧倒的に早く計算問題をマスターできるのでしょうか?





こんにちは。電験3種ドットコムの”閑田 浩二”です。

合格率10%以下。

平均学習期間:20代→1〜2年、30代→2〜3年、40代→3〜4年、50代→4〜5年
多くの受験生は合格できずに悶々とした日々を送っています。

なぜか?

それは、90%以上の方は、間違った学習方法をしているからです。
その最大の理由は、合格点を稼ぎ出すノウハウを知らないからです。

電験3種に真面目なあなたが合格できない本当の理由は何なのか?

あなたも間違っていませんか?3つの間違った常識

間違った常識その1=市販の参考書や通信講座テキストの執筆者は電験3種受験のプロ!?


いいえ違います。通信教育テキスト著者は電験3種受験のプロとは限りません。

彼らは学者に近い存在で、電気に関してはかなり高度な知識と経験を持っていますが、
電験3種の受験テクニックには全く興味がない人たちなのです。


また、テキストそのものにも重大な欠点があります。
どういうことかと申しますと、難易度の高い(=出題頻度の高い)項目に
割り当てられている解説ページ数があまりにも少ないのです。

そのため、初心者は、内容を充分に理解できないばかりか、どの項目が
毎年よく出題されるのかを知らないままで学習を進めなければなりません。

これでは非常に効率の悪い学習方法となってしまいます。


間違った常識その2=過去問だけで学習するのが合格への近道!?


過去問と全く同じ問題が出題されることはありません。

酷似した問題がまれに出題されますが、それは1問程度です。
高校や短大で電気科卒業の人は、ある程度の基礎があるため、
過去問(過去出題の問題集)の学習から入ってしまいます。

しかし、過去問だけを暗記していても応用力はほとんど付きません。
これでは、逆に合格への道のりは遠回りになってしまいます。


間違った常識その3=市販の模範解答集と同じ解答手順でなければ正解を得られない!?


これも違います。

電験3種は択一式試験だけです。解答手順はまったく問われません。
電験3種の参考書の模範解答は、学術的な解法手順となっています。
このような解法ができるまでには膨大な時間がかかってしまいます。



私の考える、実践から得た“電験3種に3.5ヶ月で合格する方法”は、
計算問題にいくつかの電気公式をパズルのように組合わせて解答する
たったこれだけです。

つまり、電験3種専用の電気公式集を手に入れ、いくつかの公式を
ある手順で組合わせて解答することが合格への最短距離であると考えます。

それでは、あなたが合格するために必要なこととは